Workshop 6

沖縄ハワイクリーンエネルギー協力

海洋エネルギー シンポジウム



2010年6月、経済産業省、アメリカ合衆国エネルギー省、沖縄県、ハワイ州の4者で合意された覚書を基に、再生可能エネルギーの開発及び展開を目的とした「沖縄ハワイクリーンエネルギー協定」が締結され、クリーンエネルギー導入に向けた協同プロジェクトを主軸とした様々な活動が行われてきました。この協定に基づくプロジェクトの一つとして、海洋エネルギーシンポジウムが2010年以降毎年開催されています。

 

会議次第



---

プログラム

 

日時

2018年9月28日(金) ・ 29日(土)

場所

第1日目(9月28日)

 
午前 ・オプショナルツアー
 

沖縄県海洋温度差発電実証設備、海洋深層水関連産業施設など

   
午後 ・シンポジウムの概要と紹介
  ・基調講演
  ・グループディスカッション及びネットワーキング

第2日目(9月29日)

 
午前 ・過去のワークショップの概要
  ・基調講演
  ・発表(経済及び地域開発、海洋エネルギーの環境影響)
   
午後 ・発表(海洋エネルギー教育)
  ・グループディスカッション
  ・パネルディスカッション

---

上記は、現時点でのプログラム案を掲載しております。今後、変更になる可能性もございますのでご了承ください。

本シンポジウム&ワークショップは、日英・英日同時通訳付きで行います。

本シンポジウム&ワークショップにご参加の方は、当ホームページ「参加申込フォーム」から参加申込を行ってください

関連イベントにつきましては、下記をご参照ください。



第6回国際海洋温度差発電(OTEC)シンポジウム

OTEC Symposium

@日程

A場所

B主催

C備考

平成30年9月26−27日

第6回国際OTECシンポジウム実行委員会

国際OTECシンポジウムは、OTEC(海洋温度差発電)関係者の世界最大規模の集会として2013年から毎年開催されています。このシンポジウムには、OTEC業界の専門家、NGO団体、世界各国の政府関係者が集まり、OTECに関する最新の研究成果や状況について報告や議論が行われます。詳細につきましてはこちらをご覧ください。

久米島町・ハワイ郡(コナ)姉妹都市締結7周年記念式典

セレモニー

@日程

A場所

B主催

C備考

平成30年9月28日

久米島町

世界第1位、第2位の海洋深層水取水地であり、海洋温度差発電実証プラントが稼働する地でもある久米島町とハワイ郡は、これらの取り組みが縁となって2012年に姉妹都市となりました。今年はその7周年を迎えます。

過去の海洋エネルギーシンポジウム



以下のリンクで過去のシンポジウムの会議次第をご覧になれます

第8回 :

第7回 :

第6回 :

第5回 :

第4回 :

第3回 :

第2回 :

第1回 :